紀要論文 日本におけるコーポレート・ガバナンス制度改革の最新動向とその経営的意義
The Direction and Significance of the Latest Corporate Governance System Reforms in Japan

高岡,義幸

37 ( 4 )  , pp.31 - 46 , 2015-3-31 , 広島経済大学経済学会
ISSN:0387-1436
NII書誌ID(NCID):AN00212083
内容記述
はじめに 1.CG 制度改革の時系列的概観 1.1 1990年代半ばから2008年までの状況 1.2 2008年から今日までの主要なCG制度改革策 2.推進主体別に見た各施策の趣旨 2.1 政府の施策(自民党の対策を含む)2.2 東京証券取引所の施策 2.3 経済界の取り組み 2.4 共通して見られる主要方策 3.諸方策に見られる新規性とその経営的意義 3.1 社外取締役設置の現状と変革 3.2 「監査等委員会設置会社」新設の経営的意義 3.3 スチュワードシップ・コードの経営的意義 3.4 CGコードの経営的意義 おわりに
本文を読む

http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hue/file/12175/20150408133326/keizai2015370403.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報