Departmental Bulletin Paper (3)本訴請求債権が時効消滅したとされることを条件とする,反訴における当該債権を自働債権とする相殺の抗弁の許否(最判平成27年12月14日民集69巻8号2295頁)
Rez. zum Urteil des OGH vom 14. 12. 2015
Center for Professional Legal Education and Research Waseda University
Waseda Law School

松村, 和德

2pp.239 - 253 , 2017-06-01 , 早稲田大学法務教育研究センター , 早稲田大学大学院法務研究科
ISSN:2432-1702
NCID:AA12756746
Full-Text

https://waseda.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=39555&item_no=1&attribute_id=162&file_no=1

Number of accesses :  

Other information