紀要論文 クレイトン、クリステンセンのイノベーターのディレンマの分析枠組とその分析枠組の意義に関して -新産業創出のプロセス、財のコモディティ化のプロセス、イノベーションの地域偏在性の論点から-
A Note on Clayton M. Christensen's The Innovator's Dilemma -From the Point of View of Process of Creation of New Industries and Declining Industries-
WBS RESEARCH CENTER WASEDA UNIVERSITY

吉川, 智教

47pp.89 - 96 , 2016-03-31 , 早稲田大学WBS研究センター
ISSN:1882-6423
NII書誌ID(NCID):AA12316288
本文を読む

https://waseda.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=38331&item_no=1&attribute_id=162&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報