紀要論文 戦間期日本の国際法実務と立作太郎 -1930年ハーグ国際法典編纂会議における領海幅員問題を事例として-
Japan's Practice in International Law and Sakutaro Tachi: A Case of the Territorial Waters in the Hague Conference for the Codification of International Law in 1930
Institute of Asia-Pacific Studies Waseda University

高橋, 力也

28pp.245 - 259 , 2017-03-22 , 早稲田大学アジア太平洋研究センター
ISSN:1347-149x
NII書誌ID(NCID):AA11430980
本文を読む

https://waseda.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=36600&item_no=1&attribute_id=162&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報