Departmental Bulletin Paper 〔海事判例研究〕 船舶先取特権の成立にかかる準拠法につき、法の適用に関する通則法13条2項に基づいて、原因事実完成時の船舶所在地法と被担保債権の準拠法が累積適用された事例 -水戸地方裁判所平成26年3月20日判決の検討- (水戸地裁平成26年3月20日判決、平成25年(ワ)第617号担保権不存在確認請求事件、判時2236号135頁、海事法研究会誌224号45頁、認容・控訴〔和解〕)

大西, 徳二郎

90 ( 4 )  , pp.131 - 149 , 2015-12-01 , 早稲田大学法学会
ISSN:0389-0546
NCID:AN00259112
Full-Text

http://dspace.wul.waseda.ac.jp/dspace/bitstream/2065/46524/1/WasedaHogaku_90_4_Oonishi.pdf

Number of accesses :  

Other information