紀要論文 人道的介入における道義と国益に関する考察 -規範理論としてのリアリズムとリベラリズムの視点から-
Morality or National Interest? Motivations for Humanitarian Intervention: From the Perspective of Realism and Liberalism as Normative Theory

宮下, 大夢

25pp.33 - 47 , 2015-03-25 , 早稲田大学大学院社会科学研究科
ISSN:1348-0790
NII書誌ID(NCID):AA11877155
本文を読む

http://dspace.wul.waseda.ac.jp/dspace/bitstream/2065/45148/1/ShagakukenRonshu_25_Miyashita.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報