紀要論文 〈Originals〉Coping with Njaa (Food Shortage): Food Insecurity and Household Strategies among Agro-pastoralists in Central Tanzania

鶴田, 格  ,  杉山, 祐子

内容記述
[Synopsis]This paper examines household responses to deal with food insecurity in an agro-pastoral community in Dodoma Region, central Tanzania, by analyzing income and expenditures at the household level. In the context of a highly unstable nature of agriculture, villagers have to rely on various income-generating activities to purchase everyday foods including both staple grains and secondary foodstuffs. Wealthier households tend to sell traditional livestock, notably cattle, in order to survive a food shortage. On the other hand, those households in the middle tier depend on a variety of income sources including small-scale businesses such as marketing vegetables, charcoal burning, tearoom businesses, and so on. The poorest villagers rely heavily on gifts and remittances from close kin both in the same village and urban areas.[要約]本稿では、タンザニア中部の半乾燥地帯の農牧民を対象として、サンプル農家の家計を分析することによって、作物生産が極度に不安定ななかで、ほかの生計手段によってどう食料を確保しているのかを検討した。2015年に22名のサンプル農家に対して行った日誌調査と聞き取りによって得たデータをもとに分析を行った結果、次のことが判明した。(1)農家は2~3年に一度程度の割合で干ばつによる極端な食料(とりわけ主食であるトウモロコシの)不足にみまわれる。(2)富裕層から最貧層まですべての農家は何らかの方法で現金を調達して主食であるトウモロコシを購入している。(3)現金収入源として、富裕層はウシをはじめとする家畜の販売に大きく依存し、最貧層は親族(とくに子供や孫)からの贈与に依存している。(4)他方で中間層は木炭生産、小規模な商売、酒の販売、加工食品の販売など、小銭を稼ぐためのさまざまな方法を創出し、食料不足を乗り切っている。またこうした小規模な事業には多くのケースで女性が中心的な役割を果たしている。
本文を読む

https://kindai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=19189&item_no=1&attribute_id=40&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報