紀要論文 〈症例〉川崎病経過中に痙攣重積型急性脳症から深昏睡に至った1例

瀬戸, 司  ,  丸谷, 怜  ,  益海, 大樹  ,  西, 孝輔  ,  今岡, のり  ,  竹村, 司

42 ( 3-4 )  , pp.109 - 114 , 2017-12-20 , 近畿大学医学会
ISSN:03858367
内容記述
[抄録]症例は1歳11ヶ月の男児.川崎病が疑われ,加療目的にて近医小児科へ入院した.第5病日に川崎病と診断され,アスピリン(30mg/kg),ウリナスタチン(15000 U/kg),免疫グロブリン(2g/kg)による治療が開始され,第7病日に追加の免疫グロブリン(1g/kg)療法が行われ,第11病日に退院となった.しかし,同日の夜間より再度発熱を認めたため,再燃として,第12病日より免疫グロブリン(1g/kg)の追加治療が行われた.第13病日も発熱が継続,約40秒の全身性強直性痙攣を認めたため,同日当院へ転院となった.転院当日,再度全身性強直性痙攣が出現,ミダゾラムの持続投与にて鎮痙した.頭部MRI 検査で白質脳症の所見を認めたため,ステロイドパルス療法を開始した.しかし,第15病日より痙攣重積状態となり,人工呼吸器管理,脳保護治療を開始するも,同日の夜には瞳孔が散大し,尿崩症の状態となった.2度目のステロイドパルス療法にて炎症反応は陰性化するも汎下垂体機能低下症,自発呼吸の消失,瞳孔散大,対光反射消失など,脳幹機能の消失を認めた.その後も意識状態の改善は認めず,深昏睡の状態が継続している.川崎病経過中に痙攣重積型急性脳症から,最終的に深昏睡の状態に至った稀な症例を経験したので報告する.
本文を読む

https://kindai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=19165&item_no=1&attribute_id=40&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報