Departmental Bulletin Paper <論文>マーケティングとイノベーションに関する一考察―日本と中国の比較を通して―

柳, 偉達

Description
[抄録]本稿では、マーケティングとイノベーションについて先行研究を概観し、日本と中国におけるマーケティングとイノベーションの発展を考察している。P. F. ドラッカーによれば、顧客創造の目的を達成するために、マネジメントに求められる必要な機能はマーケティングとイノベーションの2つしかない。高度成長期の日本企業の活動は持続的な技術革新とマーケティングの結びつきとして広範に知られているのに対し、1990年代中頃以降の中国企業のマーケティングとイノベーションは消費者及び社会のニーズに応え、社会課題への対応を旨としている側面が強く、インターネット技術を駆使してビジネスモデルの転換または創出を成し遂げ、社会を変えようとする事業化に挑む様相を呈している。[Abstract] In this paper, we overview the prior research on marketing and innovation and consider the development of marketing and innovation in Japan and China. According to P. F. Drucker, in order to achieve the purpose of customer creation, there are only two functions necessary for management: marketing and innovation. While efforts of Japanese companies in the period of rapid economic growth are widely known as sustainable technological innovation and marketing ties, marketing and innovation of Chinese companies since the mid-1990s have responded to the needs of consumers and society. They bear the strong aspect that aims to respond to social issues, and address commercialization that will change society by transforming or creating business models with the Internet technology.
Full-Text

https://kindai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=19154&item_no=1&attribute_id=40&file_no=1

Number of accesses :  

Other information