紀要論文 〈研修医のための教育講座〉中心静脈穿刺手技と中心静脈(CV)ポート留置の実際

鶴﨑, 正勝

42 ( 1-2 )  , pp.55 - 63 , 2017-06-20 , 近畿大学医学会
ISSN:03858367
内容記述
[抄録] 鎖骨下静脈穿刺は歴史的には安易にベッドサイドでランドマークテクニックにて行われてきた.いわゆる盲目的穿刺である.その結果,患者を死に至らしめる重篤な合併症を引き起こし事故報告や医療訴訟が相次いでおり,ほとんどの事例において病院側が敗訴するとさえ言われている.こういった社会的事情を踏まえた配慮として,施設内の安全管理規定を取り決める施設が増加している.精度の高いカテーテル技術を提供できるIVRistに依頼されることも多くなってきた.本論文では,我々IVRistがおこなっているエコーガイド下中心静脈穿刺法の方法,コツやピットフォールについて述べる.
本文を読む

https://kindai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=18971&item_no=1&attribute_id=40&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報