紀要論文 <論文>社会保障を含む中期マクロ計量モデルの開発

入江, 啓彰

内容記述
[抄録]日本では、高齢化に伴う社会保障制度の持続可能性、累増する財政赤字、長期にわたる低成長と経済・財政に関する課題が山積している。しかしながら、社会保障制度を含む財政の将来の姿について、マクロ経済や財政制度と整合的な形での展望を示した研究は少ない。そこで本稿では、日本経済の中期予測を行うことのできるマクロ計量モデルを開発する。そのうえで2025年までの標準予測と、モデルの動学的特性を確認するためいくつかの条件を変更したシミュレーションを行う。標準予測の結果によると、2025年時点における実質 GDP成長率は+1.0%にとどまり、長期債務残高は約1,300兆円に達する。[Abstract]Japan is faced with many problems, such as the recent low growth of the macro economy and the current sustainability of the fiscal and social security systems. However, few studies have shown the future outlook of the Japanese financial and macro economies, including its social security system. The purpose of this paper is to build a macro-econometric model that can perform a mid-term forecast of the Japanese economy. First, the model shows the standard prediction for 2025. Then, we check the features of the model by using a selection of simulations. According to the results of the standard prediction, the growth rate of the real GDP in 2025 will remain at +1.0%, while long-term debt will reach approximately 1,300 tri11ion yen.
本文を読む

https://kindai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=18739&item_no=1&attribute_id=40&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報