紀要論文 〈論文〉収益認識に関する研究

森田, 貴之

内容記述
[要旨]企業を取り巻く経済環境の変化に伴い,収益費用アプローチに基づく収益認識では限界があるため,米国財務会計基準審議会及び,国際会計基準審議会による共同プロジェクトは,ストックの価値変化を根拠とし,フローを認識する資産負債アプローチに基づく収益認識へ変更するという対応が図られた。しかし,両プロジェクトが提案する,資産負債アプローチに基づく収益認識は,実務上で使用するには解決すべき問題点が多く現実的な会計手法とはいえないものであった。そのため,両プロジェクトが当初,提案していた公正価値を用いた収益認識から大幅に変更され現行実務で使用されている取得原価主義を用いた会計手法と大差がない会計手法に帰結した。そのため,収益費用アプローチに基づく収益認識の限界は克服されていない。この状況を打破するため筆者は混合会計を用いた収益認識を提案する。[Abstract]Efforts were made to support changes to revenue recognition based on assets and liabilities, a joint project by the United States financial accounting standards Board, the international accounting standards Board. However, revenue recognition proposes two projects, based on assetliability approach, many issues, is not a real accounting methods. Therefore, which ultimately led to the accounting methods used by current practitioners, and change from the fair value both projects are proposed revenue recognition and accounting methods do not make much difference. Therefore, it is not overcome revenue recognition revenue cost approach limits. To overcome this situation we propose a mixed accounting for revenue recognition.
本文を読む

https://kindai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=18632&item_no=1&attribute_id=40&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報