紀要論文 〈論文〉大学1年生の学業に対するリアリティショック状態における職業意識と学ぶ意欲の関連性

岩井, 貴美

内容記述
[要旨]本稿は,キャリア発達における探索段階である大学1 年生において,学業に対するリアリティショックの状態における職業意識,学ぶ意欲との関連性を明らかにした。学業に対するリアリティショック状態である大学1年生を対象に,職業意識,学ぶ意欲との関連性を明らかにするため,アンケート調査を行った。データ分析の結果,まず,学業に対するリアリティショックと職業意識の関連性は,学業に対する意識が低下し,職務探索行動が行われていない状態であることが明らかになった。さらに,職業意識と自ら学ぶ意欲の関連性を明らかにした結果,職業選択について安易に考えるほど,自ら学ぶ意欲が低下状態であることが示された。本研究の成果は,大学における低年次キャリア教育の必要性がいわれている中,大学生の学業に対するリアリティショックによる意欲低下状態と職業意識,学ぶ意欲を明らかにしたことは,効果的な低年次キャリア教育の在り方に示唆するものである。[Abstract]The purpose of this study is to examine the relationship with career consciousness and motivation to learn independently among university freshman. The questionnaire survey data are collected from university freshman. The analysis results clarified the following two points. Firstly, we clarify the relationship between reality shock for study and career consciousness. Secondly, we clarify the relationship between career consciousness and motivation to learn independently. Finally, we analyzed relevance between reality shock for study and career consciousness and motivation to learn independently of university freshman. In condition, reality shock for study among university freshman influenced on their depressed consciousness of study and career consciousness. In addition, we cleared that motivation to learn independently was depressed more thinking easily about career choice. From these results, we suggest need for career education and adaptation of university.
本文を読む

https://kindai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=18630&item_no=1&attribute_id=40&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報