紀要論文 〈論文〉消費者参加型イノベーションに関する一考察-中国のハイアールと小米科技の事例を通して-

于, 渓

内容記述
[要旨]近年,中国企業によるイノベーションの分野では,消費者が製品のイノベーションに参加する傾向が見られている。本論文は,ハイアールグループと小米科技のプロダクトイノベーションの事例を通して,消費者参加型イノベーションの特徴を考察してまとめたものである。また,消費者参加型イノベーションはなぜ起こったか,どのように展開されてきたかを明らかにすることを目的とする。このような問題意識の下で考察した結果,消費者参加型イノベーションの特徴について次の結論を得た。①消費者はイノベーションを促進する役割を果たしている。②両社とも,消費者に対してオープンな姿勢を取っており,消費者とコミュニケーションするためのプラットフォームを構築した。③両社とも,常に消費者が求めているモノをいかに早く実現するかを考えている。[Abstract]In recent years, a trend that consumer takes part in product innovation has been seen in innovation what have occurred by Chinese enterprises. This paper is summarized after clarifying the characteristics of consumer participation innovation though the cases of Haier and Xiaomi Technology. And it aims at clarifying reasons that why consumer participation innovation occurred, and how it was developed. As a result of consideration under such a problem consciousness, we got the following conclusion about the characteristics of consumer participation innovation. 1) Consumers play a role in promoting innovation. 2) Both companies are taking an open appearance to consumer, and have constructed a platform for taking communication with the consumer. 3) Both companies are constantly thinking how to realize what consumer are seeking.
本文を読む

https://kindai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=18629&item_no=1&attribute_id=40&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報