紀要論文 〈論文〉日本西部海域におけるトラフグ資源の枯渇問題-資源回復が進みにくくなるプロセス-

河田, 幸視

15 ( 1 )  , pp.59 - 77 , 2017-07-31 , 近畿大学経済学会
ISSN:24333085
内容記述
[概要]日本西部海域のトラフグ資源の状態が悪化し続けている。本稿は,資源悪化の理由と,これまでの資源管理や回復に向けた取り組みを整理した上で,資源が減少するほどトラフグ漁業に関与する主体が増加し,適用される漁法が多様化している可能性があること,未成魚の漁獲が問題であるとともに,改善の余地が残っていることを指摘する。次に,トラフグ資源が減少すればするほど,資源回復が進みにくくなるプロセスを,仮説の形で提示する。最後に,漁法や地域に依存しない一律的な未成魚の漁獲禁止と,所得補償の組み合わせが,最も有効な処方箋と考えられることを論じる。[Abstract]This study reviews the causes of the ocellate puffer’s resource depletion in western Japanese waters and initiatives for resource recovery. We first point out that although the catching of juvenile puffers is one of the most crucial issues, there remains room for improvement. Next, we hypothesize the process, which makes it more difficult to promote resource recovery, as available resources decline. Finally, we briefly discuss the most promising initiatives for resource recovery: applying a total fishing ban on juvenile fish, regardless of the fishery types and fishing grounds, combined with an aid for income related to the resource recovery.
本文を読む

https://kindai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=18617&item_no=1&attribute_id=40&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報