Departmental Bulletin Paper 〈調査報告〉動物園動物由来組織を用いた保存研究~動物園・水族館との知の共有に向けて~

安齋, 政幸  ,  東, 里香  ,  久保, 盛恵  ,  野々上, 範之  ,  高見, 一利  ,  宮下, 実  ,  村井, 仁志  ,  永井, 宏平  ,  小橋, 朱里  ,  折杉, 卓哉  ,  細井, 美彦

Description
現在、自然環境の悪化や乱獲などにより、かつてないスピードで種の絶滅が進んでいる。さらに、国内の動物園や水族館施設では、大小を問わず約6,000 種を超える動物が飼育されるに至っているが、多くの動物種ではヒトと同様にこれから迎える高齢化と繁殖効率の低下が深刻な問題の一つとされている。我々は、この貴重な動物種の遺伝資源の保存の一つとして、生殖細胞のみならず動物組織を用いた保存方法を検討している。この調査報告では、これまで実施している動物筋肉組織から得られる遺伝資源の保存の可能性について、我々の試みを紹介する。Currently, species extinction is progressing at an unprecedented speed by such as deterioration of natural environment and overharvesting wildlife. Approximately 6,000 animal species are reared in zoos and aquariums in Japan. However, in many animal species the aging and the decline of reproductive efficiency will become serious problems in the near future. As the preservation of genetic resources for these valuable animal species, we are studying a preservation method using animal muscle tissues. In this case report, we introduce our approaches to preserve the genetic resources obtained from the animal muscle tissues.
Full-Text

https://kindai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=18556&item_no=1&attribute_id=40&file_no=1

Number of accesses :  

Other information