紀要論文 〈論文〉コジオールによるニックリッシュの現代的意義についての一考察

牧浦, 健二

63 ( 3 )  , pp.117 - 161 , 2017-03-31 , 近畿大学商経学会
ISSN:04502825
内容記述
[概要]経営経済学で第二次世界大戦後に 1つの学派を形成した,コジオール(Kosiol, E.)は,ニックリッシュの科学上での著作を高く評価した。実際,コジオールの研究と理論の基礎には,ニックリッシュの影響が指摘されうる。本縞では,第二次世界大戦の前後に行われた,コジオールによる,ニックリッシュの評価に関する 2つの論文をほぽ全訳しながら,検討する。[Abstract] After Second World War, E. Kosiol was one leader in Business Economy of Germany. He set a high value on H. Nicklisch's works. He has important effects upon E. Kosiol's approachs and base of theory. This paper studies E. Kosiol's writings, which had the title "Nicklischs Theorie der Betriebswirtschaft", (in.ZfhF 1934), in English,"Nicklisch's Theory of Business Economy” and the title "Wegbereiter der Betriebswirtschaftslehre", (in.Der Praktische Betriebswirtschaft 1950), in English, "the Cultivator in Business Economy". I transformed these papers by Japanese and examine whether E. Kosiol is H. Nickisch's follower.
本文を読む

https://kindai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=18548&item_no=1&attribute_id=40&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報