紀要論文 〈論文〉みなし贈与課税と実現要件

中野, 浩幸

63 ( 3 )  , pp.101 - 116 , 2017-03-31 , 近畿大学商経学会
ISSN:04502825
内容記述
[要約]相続税法9条に規定するみなし贈与財産の範囲には,跛行増資の際や株式発行会社が資産を無償又は低額譲受けの際の株式価値の増加をも含まれる場合があり,広範に及ぷ。本稿の目的は,株式の未実現の価値増加に係る贈与税課税について実現原則を採る所得税法と対比して課税要件の限界を検討するものである。[Abstract] In this paper, I review the relation of benefits treated as gifts and the realization requirement.
本文を読む

https://kindai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=18547&item_no=1&attribute_id=40&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報