Departmental Bulletin Paper 〈論文〉堀辰雄『幼年時代』におけるマルセル・プルーストの影響―« image » の機能を中心として―

高橋, 梓

Description
堀辰雄の小説『幼年時代』におけるマルセル・プルーストの影響について、« image »という語の特性に着目した比較分析を行う。堀自身の手によるプルースト批評や小説作品を広く読み解くことで、« image » の用法や概念の変化の過程をたどり、『幼年時代』の回想がプルーストを通じて確立した« image » の機能に基づいて形成されていることを確認する。その上で、過去の« image » を並置して物語を展開させる『幼年時代』の作品構成の特質に着目し、『失われた時を求めて』との類似性を明らかにする。
著者専攻: フランス文学・比較文学
Full-Text

https://kindai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=18530&item_no=1&attribute_id=40&file_no=1

Number of accesses :  

Other information