紀要論文 〈判例研究〉1. 同時傷害の特例を定めた刑法207条の法意 2. 共犯関係にない二人以上の暴行による傷害致死の事案においていずれかの暴行と死亡との間の因果関係が肯定された場合と刑法207条の適用の可否(最三決平成28年3月24日刑集70巻3号1頁)

金子, 博

本文を読む

https://kindai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=18253&item_no=1&attribute_id=40&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報