Departmental Bulletin Paper 〈論文〉「消費者の倫理的意識に基づくコミュニティへの参加行動:消費者のアイデンティティと共感の視点からの考察」

玉置, 了

62 ( 3 )  , pp.107 - 123 , 2016-03-25 , 近畿大学商経学会
[要約]本研究は,社会問題の解決を目指す倫理的コミュニティに対する消費者の参加に影響する要因を検討する。調査と分析によって,消費者の倫理的コミュニティへの参加は,社会的意識を基盤とした倫理的なライフスタイルによるアイデンティティ形成意識によって促進されることを明らかにする。また,その社会的意識は消費者の共感によって高まることを明らかにする。分析モデルと仮説は,倫理的消費における集団や参加を論じた研究,消費とアイデンティティに関する研究,共感の理論に基づいて構築される。質問紙調査によってデータの収集を行い,構造方程式モデリングによる検証を行う。[Abstract]This study investigates a factor to consumer participation in an ethical community. The result shows that consumer participate in an ethical community with ethical lifestyle identity based on an awareness of social issues of consumer, and empathy enhances the awareness of social issues. The analytical model and hypothesizes are constructed based on studies of participative ethical consumer behavior, consumer identity and the theory of empathy. The survey is conducted through the distribution of questionnaires. Structural equation modelling(SEM)tests the analytical model.

Number of accesses :  

Other information