紀要論文 〈論文〉近代経済学史によるニックリッシュの業績の評価

牧浦, 健二

62 ( 3 )  , pp.25 - 77 , 2016-03-25 , 近畿大学商経学会
ISSN:04502825
内容記述
[要旨]ニックリッシュは,ドイツの困難な社会状況の下で,経営経済学の体系化に努力した。彼は,Nationalokonomie から独立するという強い初心の下に,個別経済の経済活動を研究して,組織の法則,価値の循環や資金計算論を呈示した。その際,彼は,Nationalokonomieの理論の展開に注意しながら,陳述と著作を行った。本稿では,彼の陳述と著作を2人のエコノミストと比較する。1人はシュンペーターで,ニックリッシュが企画を始めた,1914年に,近代経済学史を書いた。もう1人はゾンバルトで,ニックリッシュが最終段階に到達した,1930年に,『3つの経済学』という題の本を出版した。[Abstract]Nicklisch, H. worked to make the business economic system under hard social circumstance. He believed to separate business economic theory from national economic theory. He studied the bussiness actions and presented the rules of organization, the circle of value and the theory of financial accounting. He took notice that he do not deviate from the orthodox approach of the development of national economic theory. We check his statements and works with two economists. One economist is Schumpeter, who wrote up the history of modern economy in the year 1914, when Nicklisch started his attempt. Other is Sombart, who publisched the book, that has the titel "Three way of Economic Studies" in the year 1930, when Nickilisch arrived at the final stage.
本文を読む

https://kindai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=17791&item_no=1&attribute_id=40&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報