Departmental Bulletin Paper 〈論文〉インドネシア企業の CSR 活動と CSR 情報開示―文献レビュー

川原, 尚子  ,  入江, 賀子

62 ( 3 )  , pp.1 - 23 , 2016-03-25 , 近畿大学商経学会
[要旨]本研究の目的は,インドネシアの企業の社会的責任(Corporate Social Responsibility:CSR)活動と,CSR 情報の開示内容について,先行研究を詳細にレビューすることである。インドネシア企業は,社会的評判を得るために CSR 活動を行っていることを議論する。また,インドネシアの国内法規制がインドネシアの CSR 情報開示の程度を向上させてきたこと,CSR 情報の開示は依然として初期段階にあることを議論する。インドネシアの CSR 活動の内容は,産業セクター,国有企業か否かにより異なる一方,CSR 情報開示の程度については,国有企業か否かと多国籍企業か否かは関係しない。また,近年のインドネシア企業のCSR 情報の開示内容は,コミュニティ,人的資源に関する内容が中心であり,欧米の CSR情報開示内容と比較して,人権,環境項目の開示が低いこと,産業セクター間で CSR 情報開示内容に差があり,資源・エネルギー企業はより社会環境項目の開示が多いことを議論する。最後に今後の研究課題について議論する。[Abstract]This study reviews the literature related to the corporate social responsibility(CSR) activities and disclosures(CSRDs)of Indonesian companies. The study discusses the firms’ engagement in CSR activities to improve their reputations. Indonesian domestic laws and regulations have improved the level of CSRDs, though it is still in the early phases in Indonesia. The types of CSR activities vary by industrial sector and whether the company is state- or privately owned, while ownership and whether it is domestic or multinational do not affect CSRD levels. Indonesian companies’ CSRD has recently focused on community and human resources. Compared to Western companies, Indonesian companies provide fewer CSRDs related to human rights and environmental issues. CSRD contents vary by industrial sector, and resource-energy sector companies disclose more social and environmental issues than other sectors. Finally, the study examines further research topics.

Number of accesses :  

Other information