紀要論文 〈論文〉インドネシア企業の CSR情報開示の内容と要因 : 文献レビューおよび統計分析

川原, 尚子  ,  入江, 賀子

62 ( 2 )  , pp.1 - 23 , 2015-12-25 , 近畿大学商経学会
ISSN:04502825
内容記述
[要旨]本研究の目的は,インドネシアの企業の社会的責任(Corporate Social Responsibility : CSR)情報の開示内容と要因について,先行研究をレビューし,統計分析した上で,今後の研究課題を検討することである。インドネシア企業全般,およびインドネシアの資源エネルギー・セクター分野の企業について分析を行った。2015年8月時点でグローバル・レポーティング・イニシアチブ(GRI)のサスティナビリティ・データベースに登録されている,サスティナビリティ・レポーティング・ガイドライン第3.1版に準拠して報告書を発行している会社のCSRレポートを対象とした統計分析を行った。その結果,近年の資源エネルギー・セクターのCSR情報開示のレベル(以下,情報開示レベル)が他セクターより相対的に高いこと,民間企業と国有企業,あるいは多国籍企業とその他企業の間で情報開示レベルに関して特に差異が見いだされないこと,第三者による適用レベルチェックの有無とCSRレポートの適用レベルに相関関係があること,資源エネルギー企業のGRIセクター・サプリメントの利用率は他のセクターより高い可能性があることが明らかになった。[Abstract]This study aims to review the literature and conduct statistical analysis on contents of Indonesian companies’ corporate social responsibility (CSR) disclosure (CSRD) and their factors that influence CSRD as well as identify issues for further research. In particular, the study focuses on Indonesian resource-energy sector companies (REC). The statistical analysis of CSR reports issued by companies that applied Global Reporting Initiative (GRI) version 3.1 and registered in the GRI sustainability database as of August 2015 reveals that recent CSRD levels of RECs were higher than that of companies of other sectors, CSRD levels were not measurably different between private and public companies and between multinational and other companies, the application of third party-checks and CSRD levels were correlated, and the percentage of the usage of GRI sector supplements, which are sector-specific guidelines, was higher among RECs than companies of other sectors.
本文を読む

https://kindai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=17784&item_no=1&attribute_id=40&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報