紀要論文 〈再録論文〉マルチエージェントシミュレーションを用いたレストランサービスプロセスのモデル化と解析

谷崎, 隆士  ,  片岡, 隆之  ,  新村, 猛

内容記述
本稿では,レストランホールのサービスプロセスのモデル化手法について提案する.本モデル化手法を用いて、店舗内の座席配置,ホール係の要員数と混雑時の顧客の空席待ちの関係を解析する手法を開発した.待ち時間の解析には,従来,待ち行列理論が用いられる.待ち行列理論は,サービスの提供者と受容者が静的な関係にある場合の解析に有効な手法である.今回の研究対象であるレストランホールのサービスプロセスのようにサービスの提供者であるホール係と受容者である顧客が相互に作用しながら状態を遷移すると共に場所を移動する動的なプロセスの解析は困難である.そこで,二次元セルオートマトンを用いて,レストランホールにおける顧客とホール係の挙動をモデル化した.さらに,マルチエージェントシミュレーションを用いて上記モデルをコンピュータ上に実装し,店舗内の座席配置,ホール係の要員数と混雑時の顧宮の空席待ちの関係を解析した.本解析手法を昼食時に混雑するレストランに適用し,混雑時の顧客の待ち発生を減少する方策の検証を行った,この結果,顧客の人数比率と座席の比率が合致した座席レイアウトの方が,待ち発生の減少する効果が得られると共に,本解析手法の有効性を確認した.In this paper, modeling and analysis method of restaurant service process using multi agent simulation is proposed. Method to analyze relationship among seat layout, the number of waiter and customer queuing in crowded restaurant is proposed with this medeling Queuing theory is often adapted to above problem. Queuing theory is the technique that is effective for analysis when a customer has a static relation with the service provider. It is difficult to analyze service process in which provider and customer act mutually and move at a place. Therefore the behavior of customer and waiter is modeled using two-dimensional celluar Automaton. The model above mentioned is implemented on a computer using multi agent simulation and relationship among the seat layout, the number of waiter and customer queuing in crowded restaurant is analyzed. This analytical technique is applied to a restaurant crowded in lunch time and the policy to decrease customer queuing time is discussed. As a result, the seat layout that the ratio of the customer group is equal to the ratio of seat has effect to decrease customer queuing time and the effectiveness of this analysis technique is confirmed.
Ⅲ.論文集
[再録元]Journal of Japan Assosiation for Management Systems Vol.32 No.3, March 2016, pp.375-380
本文を読む

https://kindai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=17725&item_no=1&attribute_id=40&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報