紀要論文 〈Original Papers〉動物筋組織を用いた真空乾燥処理による冷凍保存の試み

梶本, みずき  ,  東, 里香  ,  井上, 達也  ,  久保, 盛恵  ,  野々上, 範之  ,  小橋, 朱里  ,  折杉, 卓哉  ,  細井, 美彦  ,  安齋, 政幸

内容記述
本実験では、死亡個体から採取した筋組織に真空乾燥処理を施し、8〜13 ヶ月間凍結保護剤を用いず- 30℃下にて冷凍保存を行った。保存された組織から修正MIP 法を用いて筋組織由来体細胞核を回収した。得られた体細胞核は、免疫組織学的染色を行い、核内Histone H3 および核膜構成タンパク質Lamin B2 の局在を観察した。さらに、得られた体細胞核の一部を体細胞核移植操作により、前核様構造形成の確認を行った。真空乾燥処理を施した各動物筋組織から体細胞核の回収に成功し、0.64nL 当たりに含まれる体細胞核数は、それぞれ、6.4 個( マウス)、5.8 個(ケープハイラックス)であった。得られた体細胞核を用いた、免疫組織学的染色では、いずれの組織由来体細胞核にもHistone H3 およびLamin B2 の局在を認めた。体細胞核移植操作による前核様構造の形成率は、マウス74%(43/58))、ケープハイラックス96%(44/46)であった。以上の結果より、真空乾燥処理を施した筋組織由来体細胞核には、核膜構成タンパク質および核内Histone H3 が存在し、前核様構造形成能力を有することから、研究資源としての保存の有効性が期待できると考えられた。In this study, the muscle tissues derived from dead animals were vacuum dried and cryopreserved without cryoprotectant at -30C for 8 to 13 months. The myocyte nuclei were successfully collected from these preserved tissues by modified MIP methods( Mus musculus : 6.4/0.64nL and Procavia capensis : 5.8/0.64nL). The normal localization of Histone H3 and Lamin B2 in the collected myocyte nuclei were confirmed by immunohistochemical staining. In addition, somatic cell nuclear transfer was performed using collected myocyte nuclei and the formation of pronuclear-like structure were observed in reconstructed oocytes( Mus musculus : 74%(43/58) and Procavia capensis : 96%(44/46)). From these results, it was suggested that the combination method of vacuum drying and cryopreservation is the useful method for the preservation of animal muscle tissue for long time as for the genetic resource.
本文を読む

https://kindai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=17644&item_no=1&attribute_id=40&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報