紀要論文 〈論文〉TOEIC リスニング学習活動の状況に関する調査研究̶自律的な大学生英語学習者の育成を目指して̶

片岡, 晴美

内容記述
本研究の目的は、英語専攻ではない大学生達がTOEIC Listening Section の点数向上を目指して行った授業時間外のリスニング学習活動の状況を調査することである。研究参加者は2014 年度に経済学部の2 年生であった43 名である。調査の結果から、(1)音声記憶媒体の所持率は100%で、音声記憶媒体に入れた英語音声教材を使用して授業時間外にリスニング学習をしたのは79.07%、(2)後期の約3 カ月間で実施したTOEIC Listening Marathon の学習活動への参加率は81.40%で平均学習時間は30 時間40 分、(3)英語音声を聞きとれるようになるには授業外の自主学習が必要であると考えている、ということが明らかとなった。
著者専攻: 英語教育学
本文を読む

https://kindai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=14255&item_no=1&attribute_id=40&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報