Departmental Bulletin Paper 〈再録論文〉事例研究 : タクシー待機場所におけるタクシー配置台数の最適化

谷崎, 隆士  ,  片岡, 隆之

本稿では, タクシー稼働情報に基づき, タクシー待機場所におけるタクシー配置台数を最適化する方法について提案する. タクシー会社の顧客獲得方法は, (1)電話でのタクシー配車依頼, (2)街頭でのタクシー必要者との遭遇に大別される. 前者の課題に対して, 電話でのタクシー配車依頼件数の多い時間帯に多くのタクシーを稼働させる事を狙いに, 単位時間・タクシー1台当たりの電話での配車依頼件数を最小化するタクシー乗務員の勤務の再配置策について研究を行った. 今回は, 後者の課題に対して, タクシー待機場所からタクシー必要者への総走行距離を短縮化する事を狙いに, タクシー待機場所におけるタクシー配置台数の最適化について, 輸送型線形計画問題としてモデル化した研究結果について報告する. 実データを用いた数値実験の結果, タクシーの総走行距離を30%程度削減可能である事がわかった. [Abstract] In this paper, we propose optimum allocation method of standby taxi vehicles at taxi stands using taxi working information. There are two ways for a taxi company to get customers. One is to deliver taxi for a telephone request, and the other is to get customers on street. In previous research we researched rearrangement method of the taxi drivers working hours so as to operate many taxis with many telephone requests for the former method. For the latter method, we formulate this problem as Linear Programming problem in order to minimize the total mileage, fulfilling the taxi demand of all the allocation and maximum number restriction of taxi stands, As a result of numerical calculation, there are some improving points to change the number of standby taxi vehicles at taxi stands, and it turned out that total mileage may be reducible by 30%.
[再録元]日本システム経営学会誌Vol31,No.2(2014) pp.201-206

Number of accesses :  

Other information