紀要論文 〈研究ノート〉なぜ量子の歴史を紡ぐのか?--量子論の歴史, その序論として

森川, 亮

62 ( 1 )  , pp.155 - 170 , 2015-07-01 , 近畿大学商経学会
ISSN:04502825
内容記述
[概要]本研究ノートは後続する量子論の歴史に対する序論である. 現代と19世紀の間にある種の深い断絶があるように量子論と古典物理学の間にも断絶が存在する. ここに量子の歴史をあらためて記してみる意義がある. 本論では, 19世紀の物理学(古典物理学)の世界観と量子を生み出す社会の直接的な要因と目されるその社会状況を概観しておく. また, 現代がいかに視角や展望を必要としているかについても若干の私論を展開しておくものである. [Abstract]This paper is an introduction for the history of quantum theory that I will write on the subsequent articles. To write the history of quantum is important because we are living in the modern scientific civilization. However, we have deep chasms between classical 19th century world and the modern world. There are also chasms between classical physics and the quantum modern physics. We will argue a world-picture of the classical physics and social circumstances which provided for the birth of the quantum in this paper. And this paper states and expounds the necessity of the perspective into our era as my personal views too.
本文を読む

https://kindai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=12285&item_no=1&attribute_id=40&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報