Departmental Bulletin Paper <論文>ユニバーサルパスポートとコピペルナーを活用したレポート・卒業論文等の指導

濱田, 太郎

13 ( 1 )  , pp.69 - 98 , 2015-07-01 , 近畿大学経済学会
ISSN:13488686
Description
[概要] ユニバーサルパスポートの提出課題管理機能とコピペルナーのコピペ検証機能を用いれば, より教育効果が大きくかつ教育の手間暇を省力化できる. 提出管理, コピペ判定, 講評(指導)のすべてで教育の省力化と効率化(可視化等)を実現できる. 学修意欲が強くない学生の学修意欲を高め, 学生の学修意欲や満足度を均一に高めることができる. コピペが容易に露見し道徳的に許されず大学生の学修方法として不適当であることを学生自身に観念させることができる. コピペルナーの検証結果を用いた講義や指導を行うことで学生はコピペの問題を正確に理解し観念して学修方法を改めることが全学共通授業評価アンケート結果の経年分析により示されている. [Abstract] This research proves that university lectors can both maximize educational effects and save an enormous amount of educational efforts by using the universal passport and copypelna. These software programs are useful for managing submitted documents, judging plagiarized research and providing educational directions to university students by visualizing the judgements related to plagiarized research. The results of class evaluation questionnaires before and after using these software programs showed that students drastically increased their motivation for learning.
Full-Text

https://kindai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=11050&item_no=1&attribute_id=40&file_no=1

Number of accesses :  

Other information