会議発表用資料 (2) アルミニウムの自己修復性防食コーティング

矢吹, 彰広

内容記述
1.近畿アルミニウム表面処理研究会春季特別講演会2.研究テーマ3.材料の劣化防止技術4.電気化学的腐食(コロージョン)5.電気化学的腐食(コロージョン)6.自己修復性防食コーティング7.自己修復性の評価方法8.自己修復コーティングの評価(電気化学測定)9.測定例10.自己修復性防食コーティング11.自己修復性防食コーティングの開発思想12.自己修復性防食コーティングの開発思想13.修復剤(腐食抑制剤、インヒビター)14.自己修復性防食コーティングの分類15.修復のドライビングフォース16.自己修復性防食ポリマーコーティング17.試験材料18.試験結果(表面状態,120h試験後)19.欠陥部の深さの経時変化20.腐食抵抗の電気化学的測定21.腐食抵抗比の掲示変化22.自己修復メカニズム23.①塗膜成分の溶出24.②塗膜成分の防食効果25.粉体添加による自己修復性能の向上26.粉体添加による自己修復性能の向上27.まとめ28.ナノコンポジット自己修復性コーティング29.ポリマーコートに要求される耐食性能30.試験方法31.修復性(抵抗上昇)に対する粒子の効果32.添加量の影響(12h以降の抵抗比の平均)33.試験後のスクラッチ部の断面34.皮膜のEDX分析35.ポリマーからの溶出成分36.BPA添加液におけるアルミ合金の分極挙動37.自己修復メカニズム38.チタニア粒子表面へのBPAの吸脱着挙動39.まとめ40.おわりに
平成27年度 近畿アルミニウム表面処理研究会春季特別講演会講演要旨集,平成27年4月24日(金),14時00分~16時15分 於 ホテルアウィーナ大阪(旧なにわ会館)
本文を読む

https://kindai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1590&item_no=1&attribute_id=40&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報