紀要論文 原作・映画・リメイクをめぐる「倫理的」問題の複雑さ : 映画『他人の家』と『折れた槍』、リベラリズムの限界と赤狩りをめぐって (翻訳の〈倫理〉をめぐる総合的研究)

花方, 寿行

10別冊pp.91 - 119 , 2015-03-31 , 静岡大学人文社会科学部翻訳文化研究会
NII書誌ID(NCID):AA1247070X
本文を読む

http://ir.lib.shizuoka.ac.jp/bitstream/10297/8213/1/S10-0091.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報