Journal Article 小型船舶に搭載する民生用マグネトロンレーダの信号処理 - ぺリオドグラムを用いた2次エコー除去 -

伊藤, 恭夫  ,  中山, 純一

J99-B ( 6 )  , pp.443 - 452 , 2016-06-01
Description
海上を安全に航行するためには,高速で接近するターゲットを早期に探知して短時間で回避する必要があり,レーダのSN比の改善とドップラーシフトから瞬時にターゲットの速度を計測する機能が求められる.計測可能な速度範囲を優先して送信繰り返し周波数を高くすると,本来と異なる位置に2次エコーが現れ危険である.そこで本研究では,2次エコーを除去する新しいアルゴリズムとして,マグネトロンの初期位相がランダムかつ白色であることを用いたペリオドグラム法を開発した.実際にXバンドマグネトロンを用いたパルスドップラーレーダを試作して探知実験を行い,そのアルゴリズムの有効性を示す.
Full-Text

http://repository.lib.kit.ac.jp/opac/repository/10212/2239/kit_repo_201606.pdf

Number of accesses :  

Other information