紀要論文 琉球・沖縄史をテーマとするアクティブラーニング型授業の試み

甘利, 弘樹

10pp.79 - 97 , 2018-03 , 大分大学高等教育開発センター
ISSN:18842682
NII書誌ID(NCID):AA12448314
内容記述
本論文は、琉球・沖縄史をテーマとする授業について、筆者の大学における実践を分析・省察しつつ、アクティブラーニング化の効果と課題を検討するものである。筆者が行っている授業では、琉球・沖縄の歴史を繙くことを通して、東アジア海域世界における琉球・沖縄のあり方を学ぶとともに、今後の東アジア世界について考えることをねらいとしている。その際、受講生が大学入学より前において琉球・沖縄史について十分学習する機会がなかったことを勘案して、琉球・沖縄史の基本的知識をマスターする必要がある。また東アジアにおける国際関係・安全保障の現代と将来を考える上で、琉球・沖縄に関する諸課題を、自ら考えた上で、他者と協働して解決できるようになる能力を身につけるために、アクティブラーニング型の授業を推進することも不可欠である。上記のことをふまえ、以下本論文では、筆者の行う授業の実施状況を省察し、琉球・沖縄史を取り上げた授業が今後どのように展開されるべきかを考察する。
本文を読む

http://opac2.lib.oita-u.ac.jp/webopac/bdyview.do?bodyid=TD00531042&elmid=Body&fname=crdhe_10_7.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報