Departmental Bulletin Paper 「コミュニケーション的行為の理論にもとづく道徳授業」における合意形成プロセスに関する一考察 : 社会システム理論から見た討議と子どもたちの価値・規範創造
On the Process of Agreement in the Didactic Method for Moral Education Based on the Concept of Communicative Action of J. Habermas

鈴木, 篤

39 ( 2 )  , pp.233 - 243 , 2018-02 , 大分大学教育学部
ISSN:24240680
NCID:AA12760506
Description
本稿ではJ.ハーバーマスのコミュニケーション的行為の構想に基づく道徳授業方法に備わる限界と可能性の検討を行った。彼の理論に基づくならば,討議(Diskurs)において目指される合意が可能となるためには,前提としていくつかの条件が満たされている必要がある。しかし,これらの条件が満たされるというのはあくまでも先取りとしての想定においてに過ぎない。N.ルーマンはハーバーマスの構想を批判し,討議においては参加者間の力が対等たりえないこと,それゆえ彼らがコミュニケーション的合理性にはたどり着き得ないことを主張する。ルーマンに基づくならば(ハーバーマスの主張とは異なり),討議においては論理的優越性を備えた討議参加者こそが勝利を収めるのである。ルーマンの批判により,我々はコミュニケーション的行為の構想に基づく道徳授業方法の修正の道を見出すことが可能となるが,この修正によってこそ同授業方法はその可能性を再獲得することが可能となるのである。
In this paper, the limits and possibilities of the didactic method for moral education based on the concept of communicative action of J.Habermas were examined. According to his theory, agreement presupposes some conditions; however, the fulfillment of these conditions can be only supposed in advance. N.Luhmann criticized his discourse concept and said that the power of participants cannot be equal in the discourse and therefore they cannot reach a state of communicative rationality. According to Luhmann, the participant who possesses superiority in logic can win in a discourse. His criticism of the communicative rationality leads us to a revised version of the didactic method for moral education based on the concept of communicative action. With this revision, the didactic method can reacquire the possibility for carrying out moral education.
Full-Text

http://opac2.lib.oita-u.ac.jp/webopac/bdyview.do?bodyid=TD00531024&elmid=Body&fname=kyouiku_kiyou39-2_6.pdf

Number of accesses :  

Other information