Departmental Bulletin Paper 幼児の日常生活と親の子育て意識の変容に関する考察(1) : 大分大学教育学部附属幼稚園における10年比較調査の結果から
Daily Life of Infants and Consciousness of Parenting (1) : Comparison over a 10 year Period at the Kindergarten Attached to the Faculty of Education, Oita University

永田, 誠  ,  菅原, 航平

39 ( 1 )  , pp.121 - 134 , 2017-09 , 大分大学教育学部
ISSN:24240680
NCID:AA12760506
Description
本研究は, 2006年と2016年に大分大学教育学部附属幼稚園を対象として行った, 幼児の日常生活状況と親の子育て意識に関する調査結果を比較・検討することにより, 10年間における時間的経過について考察することを目的とした。結果より, 幼児とその親の早朝化の進展, 家庭での教育意識の高まりと子ども中心の生活の進展, 子どもの日常生活や育ちと家庭や幼稚園・保育所といった教育基盤との関連等の10年間での変化が明らかとなった。本研究から示唆されることは, 子育てにおける教育基盤をいかに安定的なものとして形成するかが子どもの育ちに関連するという点である。
The purpose of this study is to examine the basic lifestyle of infants as well as the parenting consciousness of parents. The survey covered the kindergarten attached to the Faculty of Education, Oita University in the years 2006 and 2016. We thus examined over an elapsed time of 10 years. As a result, the changes in the relationship between the educational base and the child's daily life were revealed in the early rising of infants and parents and the improvement of educational awareness at home and infant-centered living. What is suggested by this study is that the stable formation of the educational base affects the growth of children.
Full-Text

http://opac2.lib.oita-u.ac.jp/webopac/bdyview.do?bodyid=TD00524390&elmid=Body&fname=kyouiku_kiyou39-1_10.pdf

Number of accesses :  

Other information