紀要論文 DBAE(ディシプリンに基づく美術教育)をめぐる論争 : 芸術カリキュラムにおいて「創造行為」はどのような位置を占めるべきか
A Controversy on DBAE : What Status Should “Creating" Have in the Arts Curriculum?

伊藤, 安浩

39 ( 1 )  , pp.135 - 144 , 2017-09 , 大分大学教育学部
ISSN:24240680
NII書誌ID(NCID):AA12760506
内容記述
本研究の目的は,アメリカにおけるDBAE(ディシプリンに基づく美術教育)をめぐる論争の検討を通して,美術に限らず芸術カリキュラムにおいて「創造行為」はどのような位置を占めるべきかを考察することである。DBAEは,1960 年代のアメリカにおけるディシプリン中心カリキュラムの影響の下で理論化が進められた美術教育への1 つのアプローチである。DBAEは,美術に関するさまざまな専門家の仕事をモデルとして,従来の「美術制作」に加えて,「美術批評」「美術史」「美学」の内容をカリキュラムに引き入れることを提案する。DBAEのこの提案は,美術カリキュラムの内容のいっそうの充実に繋がるのか,それとも,美術制作に代表される創造行為の地位の相対的低下に繋がるのか,創造行為をめぐる論争をもとに考察する。
The purpose of this study is to consider what status “creating" should have in the arts curriculum through examining a controversy on DBAE. DBAE is an approach to art education developed in the United States in 1960's under the influence of discipline-centered curriculum in science education. DBAE tries to integrate the content of art criticism, art history, and aesthetics into art curriculum that has traditionally concentrated on art making or “creating". Dealing with a controversy on DBAE concerning “creating", this article examines whether such an attempt of DBAE will contribute to enrich the art curriculum or to lead to a decline of the status of creating in the art curriculum.
本文を読む

http://opac2.lib.oita-u.ac.jp/webopac/bdyview.do?bodyid=TD00524391&elmid=Body&fname=kyouiku_kiyou39-1_11.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報