Departmental Bulletin Paper エドマンド・ギブソン『ロンドン主教の二通の書簡』
Edmund Gibson, Two Letters of the Lord Bishop of London

青柳, かおり

39 ( 1 )  , pp.57 - 67 , 2017-09 , 大分大学教育学部
ISSN:24240680
NCID:AA12760506
Description
18 世紀前半のロンドン主教エドマンド・ギブソンは,イギリス領アメリカ植民地のプランテーションにおけるアフリカ系奴隷の教育を推進しようと努めていた。彼の著書『ロンドン主教の二通の書簡』のうち最初の書簡は奴隷の主人に,二番目は宣教師に向けて書かれたものである。序文にはキリスト教徒への請願が収録されている。18 世紀において,イングランド国教会はアメリカ植民地に宣教師を派遣して,異教徒,特にアフリカ系奴隷へ福音を伝道していたが,主に奴隷の主人の反対によってその任務は妨げられてきた。最初の書簡において,彼は主人たちに彼らのすべての奴隷の面倒を見ることはキリスト教徒の主人の義務であること,主日に奴隷の教育を許可してほしいことなどを訴えた。二番目の書簡では,彼は宣教師に対して,現地の聖職者に奴隷の教育に支援を与えるよう勧めてほしいと述べた。
Edmund Gibson, the Bishop of London tried to promote the instruction of the African slaves in the Christian faith in English American plantation. In the eighteenth century, although the Church of England sent the missionaries to British America for propagating the Gospel to heathens, especially African slaves, there has been very little progress made in the work mainly because of the masters' opposition. In his first letter to the masters and mistress of families in the plantation, he exhorted them to encourage and promote the instruction of their Africans in the Christian faith. He suggested that it was a duty upon Christian masters to take care of all their slaves and to permit them to be instructed on the Lord's Day. In his second letter, he entreated the missionaries there to recommend the instruction and the conversion of the slaves to the clergy.
Full-Text

http://opac2.lib.oita-u.ac.jp/webopac/bdyview.do?bodyid=TD00524374&elmid=Body&fname=kyouiku_kiyou39-1_5.pdf

Number of accesses :  

Other information