Departmental Bulletin Paper 音色と響きを獲得するための発声指導プログラム : 自然な歌声で(2)
Teaching Program about Tone Quality and Sound in Voice : Natural Singing(2)

栗栖, 由美子  ,  松本, 正

33pp.143 - 158 , 2016-03 , 大分大学教育福祉科学部附属教育実践総合センター
本研究は,音楽科教育においてまだ着目されていないアレクサンダー・テクニークを応用することにより,小学校と中学校教員のための体系的な発声指導プログラムの開発を行うことが目的である。本稿では,同テクニークの習得体験を踏まえて作成した,音色・響きを獲得するための発声指導プログラムを提案する。指導プログラムは,2つのプログラムから構成され,それぞれ5~6の活動を含んでいる。いずれの活動も,これまでの歌唱指導とは全く異なったアプローチをとっており, きわめて効果的な発声指導の方法となっている。
The purpose of this study is to develop a teaching program for the teachers of elementary schools and junior high schools by utilizing the Alexander Technique which has not attracted attention yet in school music education. In this paper, we suggest a teaching program concerning tone quality and sound in voice. The teaching program consists of two constituent programs, and will lead to a change in the conventional method of vocal music instruction.

Number of accesses :  

Other information