Departmental Bulletin Paper 受粉と結実の実験材料に関する基礎的研究 (3) : トレニアを用いた実験の条件検討
The Basic Study on Experimental Materials for "Pollination and Fructification" (3) : Requirement Study of the Experiments with Torenia

泉, 好弘  ,  伊藤, 竣  ,  西岡, 佳祐

37 ( 3 )  , pp.389 - 398 , 2016-03 , 大分大学教育福祉科学部
小学校5年理科の生物分野における受粉と結実に関する実験に適した材料を見つけるために, トレニアを用いて実験の条件検討を行った。トレニア・バイロニーの花弁がまったく見えていない蕾を除雄処理し,翌日に受粉させた花の結実率は92.6%だった。これはトレニア・バイロニーの人工授粉の成功率が非常に高いことを示している。トレニアは花の構造が特殊であるため,花の構造を調べる際の教材には適していないが,今回の研究で,トレニア・バイロニーは受粉と結実に関する実験の教材に適していることがわかった。
To find plant materials which are suitable for an experiment of "pollination and fructification", we carried out a study of requirements for experiments with Torenia. The fructification rate of T. baillonii which was pollinated in late September was 92.6%. This result indicates that T. baillonii have a very high success rate of artificial pollination. In this study, it was indicated that T. baillonii is a good plant material for the experiment of "pollination and fructification".

Number of accesses :  

Other information