紀要論文 タンポポを指標とした大分大学構内の環境評価
Environmental Evaluation based on Dandelion Community in Oita University

永野, 昌博  ,  稲津, 文佳

37 ( 3 )  , pp.353 - 366 , 2016-03 , 大分大学教育福祉科学部
ISSN:13450875
NII書誌ID(NCID):AA11327096
内容記述
タンポポ群集を用いた環境評価法は広く知られ,市民調査や教材として活用されているが,それらの多くは関東,関西を中心とした本州のタンポポ群集を基本としている。九州のタンポポ群集は本州と種組成が異なるため,それらをそのまま適合することができない。そこで,大分大学旦野原キャンパスでタンポポ群集の種組成と環境要因との関係を調べ,大分県版のタンポポ環境評価法の開発を試み,その有用性を検証した。結果,大分大学旦野原キャンパスの120地点でタンポポ類の分布が確認された。分布していた種は,在来種のシロバナタンポポ,外来タンポポ,在来種と外来種の雑種タンポポであった。キャンパスの大部分では,雑種タンポポが優占していたが,部分的には在来タンポポが優占している場所もみられた。これらのことから,大分大学の大部分は人為的攪乱の強い自然状態であるが,部分的に昔ながらの自然状態が保たれている環境も残っていると評価された。また,統計解析の結果から,シロバナタンポポと雑種タンポポ,外来タンポポと雑種タンポポの間で棲み分けが行われていること,雑種タンポポは生育可能な土壌硬度の幅が大きいこと,シロバナタンポポの分布が工事の方法により左右されていることが分かった。
In order to develop environmental evaluation methods based on the dandelion community in Oita Prefecture, We researched the distribution of dandelions and the relationship between the species composition of dandelions and some environmental factors in the Oita University campus. The results showed that introduced dandelion (including hybrid dandelions) was most dominant, the next most abundant species was native dandelion (Taraxacum albidum), and other species is accounted for less than 2%. However, the species composition of dandelions varied greatly by location, there being places where native dandelion was dominant. Therefore, most of Oita University campus was estimated to have a poor natural environment. But, in part, there were places where a good natural environment remains. As a result of examining the relationship between the species composition of dandelions and the environmental factors, it was found that the amount of hybrid dandelion was related to the soil hardness, while the distribution of Taraxacum albidum was related to methods of construction.
本文を読む

http://opac2.lib.oita-u.ac.jp/webopac/bdyview.do?bodyid=TD00507894&elmid=Body&fname=nagano_37-3.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報