紀要論文 普通旋盤によるケミカルウッド加工の切削条件
Cutting Condition of Chemical-Wood in Lathe Turning

島田, 和典

37 ( 3 )  , pp.341 - 351 , 2016-03 , 大分大学教育福祉科学部
ISSN:13450875
NII書誌ID(NCID):AA11327096
内容記述
本研究は,普通旋盤を用いたケミカルウッドの切削条件を探索的に明らかにするため,旋盤作業において基本となる外丸削り,及び端面削りの実験から適した条件を検討した。その結果,本研究の条件下で以下の点が明らかになった。1) ケミカルウッドの外丸削りの実験から,金属加工に比べて,切削速度の表面粗さへの影響は低く,一方送り量の設定では顕著な影響が認められた。最適と思われる送り量は0.2mm/revで, 算術平均粗さRaも考慮して加工を行う場合,荒加工では刃先コーナRを1.2程度と大きくし,送り量を0.41mm/revと高く設定して加工効率を高め,仕上げの段階ではコーナRを0.4程度と小さくし,送り量0.1 mm/rev程度での切削によって表面粗さの精度を高めることが期待できる。2) 端面削りの実験から,設定した送り量ごとに見ると,切削速度の変化による明確な加工表面粗さへの影響は認められなかった。ケミカルウッドの表面粗さは,切削速度約57~226m/minの範囲内では表面粗さに影響されにくいことが推察された。また送り量0.1mm/revに比較して0.2mm/revのほうが,粗さ表面の理論値Rthに近いことが示され,0.2mm/rev付近が最も適切な切削に至っていることが1) の知見に加えて認められた。
The purpose of this study is to explore the optimum cutting condition of chemical-wood in lathe turning. We conducted an experiment with the following cutting operations; straight turning and end-surface preparation. The results were, 1) From the experiment of straight turning, We found that the cutting speed has a low effect on surface roughness. On the other hand,the feed rate has a noticeable effect on it. We observed that the optimum feed rate is about 0.2mm/rev. 2) From the experiment of end-surface preparation, We grasped that there is no effect of the cutting speed within a range of about 57-226m/min on surface roughness. We also observed that surface roughness is more in accordance with the theoretical roughness value with a feed rate of 0.2mm/rev than 0.1mm/rev.
本文を読む

http://opac2.lib.oita-u.ac.jp/webopac/bdyview.do?bodyid=TD00507893&elmid=Body&fname=shimada_37-3.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報