紀要論文 男女共同参画意識調査で見えるもの : 2013年佐伯市調査の再読
What Can Be Seen through a Gender Equality Attitude Survey : Rereading the Saiki-shi Survey of 2013

大杉, 至

37 ( 3 )  , pp.317 - 328 , 2016-03 , 大分大学教育福祉科学部
ISSN:13450875
NII書誌ID(NCID):AA11227096
内容記述
男女共同参画は全国的に取り組まれており,関連する意識調査も蓄積されてきた。本稿では,2013年に実施された大分県佐伯市のアンケート調査のデータを用い,一般に地方自治体から発行される報告書の中では使用されないクラメールの連関係数から読み取れる男女間,世代間等の相違を中心に検討した。このなかで,例えばゴミ出し等の家庭内の役割に関しては,自らの貢献を過大に評価しようとする傾向が男女間の回答の相違を生み出していること,平等化の不十分性を自らの性の側の責任とする傾向が強い,等の社会学的把握を行った。
The movement for gender equality has been put into practice nationwide, and the results of the related attitude surveys have been collected. In this report, I analyze the questionnaire survey of Saiki-shi, Oita, carried out in 2013, from a view point different from that of the report published by the city authorities. I investigate mainly the differences in the results between men and women and between the generations using Cramer's coefficient of association. I interpret sociologically that the tendency to overestimate one's own domestic contribution brings about the difference in answers between men and women, and that they tend to assume they are themselves responsible for the insufficiency of equality.
本文を読む

http://opac2.lib.oita-u.ac.jp/webopac/bdyview.do?bodyid=TD00507891&elmid=Body&fname=osugi_37-3.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報