紀要論文 タグラグビーを題材とした体験学習教材の開発と教育実践 : ものづくり技術立国にふさわしい総合学習
Developing Material for Experience Learning and Educational Practice of Tag Rugby : Integrated study appropriate for a manufacturing technology-oriented nation

都甲, 由紀子  ,  林, 由花  ,  水谷, 絵里子  ,  村田, 祐造

37 ( 2 )  , pp.241 - 256 , 2015-10 , 大分大学教育福祉科学部
ISSN:13450875
NII書誌ID(NCID):AA11327096
内容記述
タグラグビー用具の製作とそれに関わる科学技術の学習,タグラグビーの競技までの一貫した体験学習教材を開発した。ものづくり技術立国にふさわしい総合学習として提案するため,これを大分大学平成25 年度地域開放推進事業(Jr.サイエンス事業)のプログラムとして実践を試みた。イノベーション人材育成の必要性が増す現代において,この教育プログラムが子どもたちのイノベーションマインドを育てる端緒を開くものとして提案できる可能性が示唆された。
Material for experience learning was developed by making tag rugby equipment, studying related science and technology and playing tag rugby. This was carried out as a program under the Oita University Jr. Science project in order to propose an integrated study program appropriate for a manufacturing technology-oriented nation. In the modern world there is increasing need to develop human resources nurturing innovation. Therefore, it could be proposed that this educational program is associated with beginning to improve children's minds and encourage innovation amongst them.
本文を読む

http://opac2.lib.oita-u.ac.jp/webopac/bdyview.do?bodyid=TD00506392&elmid=Body&fname=togo37-2.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報