Departmental Bulletin Paper アレクサンダー・テクニークにおける動きを用いた歌唱指導の可能性
The Possibilities of Vocal Music Instruction Using Movement

栗栖, 由美子  ,  松本, 正

37 ( 2 )  , pp.209 - 224 , 2015-10 , 大分大学教育福祉科学部
ISSN:13450875
NCID:AA11327096
Description
本研究は,従来の発声指導に関する研究が,現場教員の悩みを十分に解決するに至っていないという問題意識のもとに,音楽科教育においてまだ着目されていないアレクサンダー・テクニークを応用することにより,小学校と中学校教員のための体系的な指導プログラムの開発を行うことが目的である。本稿では,まず,アレクサンダー・テクニークの主要概念であるインヒビション(inhibition)とダイレクション(direction)を中心に,習得体験を分析することによって,歌唱に「動き」を導入する際の有効性を明らかした。次に,これを踏まえて,指導プログラムを改善,発展させるための5 つの具体的な活動の提案を行った。
The purpose of this study is to develop a teaching program for the teachers of elementary schools and junior high schools by utilizing the Alexander Technique, which has not yet attracted attention in school music education. To do this, we focused on Inhibition and Direction which are the main concepts of the Alexander Technique. By analyzing lessons using the Alexander Technique, we considered the effectiveness of singing accompanied by movement. In addition, we proposed five exercises in order to develop a teaching program.
Full-Text

http://opac2.lib.oita-u.ac.jp/webopac/bdyview.do?bodyid=TD00506382&elmid=Body&fname=kurisu37-2.pdf

Number of accesses :  

Other information