紀要論文 60年代後半の韓国の安保情勢と日韓経済協力 : 1967~69年の日韓定期閣僚会議を中心に
The Korean Security Crisis in the Late 1960s and the Japan-Korea Economic Cooperation : Focusing on the Regular Japan-Korea Ministerial Conference from 1967-69

鄭, 敬娥

37 ( 2 )  , pp.177 - 192 , 2015-04 , 大分大学教育福祉科学部
ISSN:13450875
NII書誌ID(NCID):AA11327096
内容記述
本稿は1960 年代後半の朝鮮半島をめぐる安全保障状況と関連して,特に67 年から69 年までの日韓定期閣僚会議を中心に,「日韓経済協力」の性格を分析するものである。韓国の安保危機は北朝鮮によるゲリラ侵攻に端を発していた。しかし,その対応をめぐっては米韓の間で認識の相違が存在した。アメリカは韓国による対北朝鮮報復攻撃を抑え込むことにその政策的目標を置いていた。しかし,日韓両国は北朝鮮による間接侵略に対応することをより重視していた。そこで,日本は韓国に対する警察支援装備の協力を真剣に検討し始める。しかし,韓国側は最終的に警察力増強のための支援よりは,国内経済開発のための資金の要請に焦点を絞るようになった。そのほうが国内の抵抗も尐なく,より長期的に日本からの経済協力を引き出せると考えられたためである。このプロセスにおいて,日本は韓国およびアジアにおけるその役割を軍事面ではなく,経済におくことを明確にしていく。しかし,それは間接的に韓国の重化学工業の育成に寄与することになり,結果的に南北体制競争において韓国側をサポートする役割を担っていた。
This paper examines the character of the Japan-Korea Economic Cooperation in relation to the Korean security crisis in the late 1960s, focusing on the regular Japan-Korea Ministerial Conference from 1967 to 1969. The Korean security crisis started with the North Korean guerrilla invasion. However, there were differences between the responses of the U.S. and Korean government. American policy aimed to contain retaliatory attacks by Korea. In contrast, Japan and Korea thought it was a more important matter how to respond to indirect aggression. Therefore, Japan sought ways of supporting the Korean domestic security police. However, Korea ultimately withdrew its request. Instead, they concentrated their demands on support for domestic economic development. In this process, Japanese support for Korea emphasized the economic rather than military character. Indirectly, its role was to strengthen Korea's heavy and chemical industry, and as a result to support the Korean side in the rivalry between regimes.
本文を読む

http://opac2.lib.oita-u.ac.jp/webopac/bdyview.do?bodyid=TD00506376&elmid=Body&fname=jyonn37-2.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報