紀要論文 佐伯市吹浦地区における防災・減災ボランティアプログラムの成果と課題
Volunteer Program to Prevent Furniture Falling Down Carried out by University Students in Cooperation with Local Residents and its Social and Educational Effects

土居, 晴洋  ,  小山, 拓志  ,  川田, 菜穂子  ,  市原, 靖士  ,  中原, 久志  ,  小林, 祐司

37 ( 2 )  , pp.129 - 144 , 2015-10 , 大分大学教育福祉科学部
ISSN:13450875
NII書誌ID(NCID):AA11227096
内容記述
筆者らは,2014年に大分県佐伯市吹浦地区において,大学生によるボランティアとして,自力で防災・減災対策の実施が困難な世帯において,家具等の固定作業を行う,防災・減災プログラムを企画・実施した。本稿の目的は,本プログラムの特徴について説明するとともに,参加学生と家具等固定を実施した世帯における評価をもとにして,その成果と課題を抽出することである。また,本プログラムは,大学と地域それぞれのステークホルダーが関わって,家具等固定作業を実施したという点で,非常にミクロな実践ではあるが,持続可能な地球環境の実現を目指すための国際的研究プログラムであるフューチャー・アースに位置づけられる。
The authors conducted a volunteer program for fixing articles of furniture to prevent their falling down in households where the residents could not do this themselves. It was done by for students of Oita University in Fukiura District, Saiki City,Oita Prefecture in 2014. This paper intends to introduce the program and also to confirm the outcomes and problems for the partipating students and the households. The program is a micro scale practice in a small settlement, but it is an important practice executed by the related stakeholders in the Future Earth Program seeking a sustainable global environment.
本文を読む

http://opac2.lib.oita-u.ac.jp/webopac/bdyview.do?bodyid=TD00506362&elmid=Body&fname=doi37-2.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報