紀要論文 イギリス領アメリカ植民地における奴隷制とイングランド国教会 : 海外福音伝道協会年次記念大会の説教を中心に
Slavery in British America and the Church of England : Sermons Preached before the Society for the Propagation of the Gospel in Foreign Parts at Their Anniversary Meeting

青柳, かおり

37 ( 1 )  , pp.89 - 103 , 2015-04 , 大分大学教育福祉科学部
ISSN:13450875
NII書誌ID(NCID):AA11327096
内容記述
18世紀初頭からイングランド国教会は海外福音伝道協会(SPG)を設立して,イギリス領アメリカ植民地の異教徒へ布教活動を行っていた。国教会はアフリカ系奴隷にキリスト教教育を行い改宗させようとしていたが,奴隷の主人たちからの反対が大きかった。奴隷がキリスト教徒になると自由になり,財産権が侵害されると考えられていたのである。18世紀のイギリスでは奴隷制は当然とみなされ,奴隷貿易も盛んに行われており,SPGや国教会も奴隷制を支持していた。しかし,非人道的な奴隷貿易・奴隷制に対してはクエーカーなど非国教徒系教会が反対しており,18世紀終わりに奴隷貿易廃止運動も起きた。従来,奴隷貿易廃止に関する研究においては非国教徒や廃止運動に関わった政治家などが注目されており,国教会は見過ごされてきた。しかし,18世紀後半に国教会の高位聖職者である主教の中には,奴隷貿易・奴隷制の緩和や廃止を希望する者もいたのである。本研究では,海外福音伝道協会年次記念大会の説教を中心に,そのような主教の主張を検討し,奴隷制についての国教会の思想に変化がみられたことを明らかにする。
The Society for the Propagation of the Gospel in Foreign Parts, the SPG was established in 1701 in order to send the missionaries converting the American heathen. The Missionarie tried to instrut the black slaves in the plantations, however, their masters were against the SPG. It was believed that the slaves could not be converted because they were stupid and without souls to be saved. The planters thought that the slaves were their property and feared that the baptism would make the slaves free. The SPG insisted that baptism did not make any alteration in civil property and that after being Christians, the slaves would be more obedient to their masters. During the eighteenth century there were some SPG sermons which defensed the slavery for it was not prohibited in the Bible. Although the Church of England supported the slavery and the masters' property, some Anglican clergy criticized the slave trade and the slavery. It seems that a change was observed in the Anglican thought on slavery in the later eighteenth century.
本文を読む

http://opac2.lib.oita-u.ac.jp/webopac/bdyview.do?bodyid=TD00506316&elmid=Body&fname=aoyagi37-1.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報