Departmental Bulletin Paper ジョン・ミルトン作「父上に捧げる」 : 対照訳の試み
John Milton's "Ad Patrem" : A Tentative Parallel Translation into Japanese

稲用, 茂夫

37 ( 1 )  , pp.1 - 12 , 2015-04 , 大分大学教育福祉科学部
ISSN:13450875
NCID:AA11327096
Description
ラテン語で書かれたジョン・ミルトンの詩"Ad Patrem"について,ラテン語原文と日本語訳文を試みとして対照訳で示す。時間的にも空間的にも遠い詩作品の理解のためには,ラテン語と日本語のへだたりによる困難はあろうとも,基礎的作業は不可避である。"Ad Patrem"は,ミルトンの「初期詩集」(1645)のラテン語詩部門のうちで特に注目すべき興味深い要素をもつ作品であり,この詩人の英語による作品を鑑賞するにおいても,青年時代の息子にとっての父親という家族関係や詩人として世に出ようとする心情を知るためにも重要な内容を含んでいる。
"Ad Patrem", a Latin poem by the young John Milton, is translated into the Japanese language as a parallel form. Although Latin and Japanese are quite different in language structure, this kind of comparativepresentation should be indispensableto foreign literary studies. "Ad Patrem" is an important and interesting piece among Milton's early poetical works, particularly from a biographical point of viewin examining the father-son relationship.
Full-Text

http://opac2.lib.oita-u.ac.jp/webopac/bdyview.do?bodyid=TD00505867&elmid=Body&fname=inamochi37-1.pdf

Number of accesses :  

Other information