Departmental Bulletin Paper ロジーナのための2つのカヴァティーナ : モーツァルトへのパイジエッロからの影響に関する一考察
Two Cavatinas for Rosina : A Consideration on the Influence of Paisiello on Mozart

松田, 聡

37 ( 1 )  , pp.13 - 25 , 2015-04 , 大分大学教育福祉科学部
ISSN:13450875
NCID:AA11227096
Description
本稿では,モーツアルトのオペラ《フィガロの結婚》(1786)の第2再冒頭で歌われる「伯爵夫人のカヴァティ一ナ」を取り上げ,パイジエッロの《セビ一リャの埋髪師》(1782)の「ロジーナのカヴァティ一ナ」との関連にっいて考察した。これら,同一の登場人物によって歌われる2つの曲が,テンポ,調性,拍子,楽器編成を同じくすることは従来から指摘されてきたが,そういった音楽的な共通性だけでなく,折りを通じてロジーナ(拍爵夫人)の内面を描くという発想自体に,パイジエッロがモーツァルトに与えた影響をうかがうことができる。本稿では,「伯爵夫人のカヴァティーナ」とモーツァルトのそれまでのオペラにおける番号曲とを比較することや,2っのカヴァティーナが歌われる場面が原作からいかに形成されたのかを検討することを通じてそのことを示し,さらに,そのような影響関係の考察により,当時の音楽文化と密接に関わりつつ,創意ある表現を生み出していったモーツァルトの創作の実態を明らかにできることを指摘した。
In this paper, I considered how Mozart was influenced by Paisiello's II barbiere di Siviglia(1972) in composing Le nozze di Figaro(1986), especially in Countess's cavatina "Porgi amor". Musical similarities between this aria and Rosina's cavatina "Giusto ciel" in Paisiello's opera have been well known, but their relationship goes beyond it. Both of the cavatinas are sung by Rosina (who appears in Figaro as the Countess) in the analogous situation which are not contained in the original French comedies by Beaumarchais. We can imagine from these cavatinas that Paisiello's inventiveness stimulated Mozart to create a new type of aria.
Full-Text

http://opac2.lib.oita-u.ac.jp/webopac/bdyview.do?bodyid=TD00505873&elmid=Body&fname=matsuda37-1.pdf

Number of accesses :  

Other information